種類がたくさんLINEスタンプ!自分でも作れちゃう!?

LINEのスタンプってどんなのがあるの?

LINEはもちろん知ってますよね、今やスマホ所有者の9割以上がダウンロードしているLINE。そのLINEでは簡単なコミュニケーションの一つとして、スタンプがあります。最初からあるクマやウサギの可愛いスタンプは見たことがあるはずです。今ではさまざまなものが増えています。喋るスタンプや、アニメやマンガキャラクターのスタンプ、有名人やアイドルをモチーフにしたスタンプ、ネコやイヌなど可愛い動物をモチーフにしたスタンプ、LINEのスタンプショップで一度お気に入りのスタンプを探してみてはいかがでしょう。

LINEのスタンプを作るにはどうすれば?

そんなLINEのスタンプには「クリエイターズスタンプ」というものがあります。一般の方でも簡単にスタンプを作り、売ることができるものです。ルールはいたって簡単です。上下左右10px程度の余白がある幅350px高さ300px以内のイラストを作れば、それでほとんど完成です。あとは「LINE Creators Market」にて審査が通れば終わりです。もちろん、パクリ等はダメなので、著作権法などに触れないようなものを作って、稼いでください。

LINEのスタンプでダメなこと

LINEスタンプを作るのは簡単なんですが、審査を潜り抜けるのが難しいようです。リジェクト(審査が通らないこと)される理由としては「日常会話で使用しにくいもの」、「イラストでないもの」、「視認性が悪いもの」、「スタンプ全体のバランスを著しく欠いているもの」、「公序良俗に反するもの、未成年者の飲酒喫煙を想起するもの、性的表現、暴力的表現、ナショナリズムを煽るもの」などが挙げられます。特に最後の一つの「暴力的表現」がなかなか厄介です。フナムシを蹴っ飛ばしている可愛らしいスタンプが「暴力的表現」とみなされ、却下されることもあったそうです。なんともまぁ、世知辛いですね。

LINEスタンプは可愛いデザインが非常に多いです。使い道が多いデザインも多くありますので日常で使う事も出来ます。