特徴を押さえておこう!浄水器の選び方について

水栓の蛇口に取り付けるタイプ

浄水器の水はカルキ臭の解消や残留塩素などを吸着してくれますので、飲用水としてのクオリティを高めてくれる効果がありますよね。一番手軽なタイプの浄水器は水栓金具の先端に直接取り付けるタイプがあり、水道業者じゃなくても簡単に取り付けることができます。シャワー切り替えタイプもありますので、食器洗いの際にも支障はありません。フィルターの交換も手軽に出来ますので、様々なタイプの浄水器の中では最も安価で使いやすいと言えるでしょう。

水栓金具に内蔵されているタイプ

蛇口に直接取り付けるタイプの浄水器は、見た目の印象が無骨であまりスッキリしませんよね。最近は水栓金具を更新する際に、浄水器内蔵型の水栓金具を採用する方も多くなっていますよ。浄水器内蔵型のタイプはフィルターも自分で交換しやすい構造になっていますので、内蔵タイプと言えども維持メンテナンスもしやすい製品が増えています。ただし、メーカー専用のフィルターが必要となり、維持費用がある程度かかります。浄水器内蔵タイプを選ぶ際は大手メーカーの製品を選ぶ方がフィルター代も掛からずに済むでしょう。

浄水器と専用蛇口が独立しているタイプ

浄水器の中には通常の混合水栓とは独立して、浄水器専用の水栓金具を取り付けることも可能ですよ。独立タイプの浄水器では、いちいち浄水器の水を出す時に切り替え操作をする必要がありませんし、浄水器のカートリッジが大きいので、フィルターの交換頻度も少なくて済むメリットがあります。リフォーム工事などの際には新たに給水管を敷設する必要があるため高額な工事が必要ですが、新築工事の際は浄水器専用の水栓金具を設置した方が後々利用しやすいのでおすすめです。

浄水器ならリースでの利用が費用的にお手軽です。しかもリースであれば購入よりもリスクを軽減することができます。