風評被害対策は臨機応変に対応するのが一番

特定箇所に書き込まれた場合

掲示板やブログなどある一定の箇所に書き込まれている場合には、その管理人に対して削除依頼をすることで風評被害の書き込みを削除してもらえるケースもあります。また書き込みが悪質であり、特定の人物や企業に対しての名誉毀損が行われている場合については弁護士に相談することで書き込んだ相手に対して損害賠償請求を行うことができます。一定の場所に少ない書き込みで書き込まれた風評被害についてはまずは削除で対応するのが一番です。

風評被害の書き込みが把握しきれないケース

風評被害の書き込みがあまりにも膨大であり、広範囲のサイトやブログに掲示板などで書かれている場合には、削除のみでは対応しきれないケースもあります。そのような時にはインターネット上の風評被害対策をしてくれる業者に依頼すると良いでしょう。悪意のある情報や風評被害についての情報が書かれているサイトを検索サイトの結果の後方に追いやってくれるので、風評被害の書き込みを目立たなくさせることができるので安心です。

風評被害対策の業者のサービス

風評被害対策の業者は逆SEOを使ってポジティブなページを検索結果の一ページ目に反映してくれるので、風評被害の情報を見られることも少なくなります。また業者に依頼した場合、監視業務も同時並行して実施するため新しい風評被害の書き込みがあった場合には即時対応をしてもらえます。風評被害対策を依頼してから早くて2日程度で、遅くても1週間程度でその結果が現れますので根本的な風評被害対策をするなら専門業者に任せましょう。

人力による誹謗中傷対策は、複数のネット掲示板やSNSを、監視員が目視で書き込み一つ一つをチェックしています。