早とちり厳禁!パソコンが故障してもデータは残っている!?

何が原因なのか突き止める

パソコンのデータには重要で大切なものが多いなんて方もいると思いますが、もしそんな時パソコンに不具合が生じ、パソコンが起動しなくなったり、異音を発し出したりしたらものすごく焦っちゃいますよね。今までの思い出、労力が無に還るのかと思うと想像するだけでもゾッとします。しかし諦めてはいけません。不具合の原因がハードディスクでない限り、データは失われることがないのです。まずは不具合の原因を調べることから始めましょう。

マザーボードやスイッチ、またはファンが原因のことも

故障の原因はいろいろと考えられますが、まずはケーブルの接触を確認してみてください。抜けていた、あるいは外れかかっていたことが原因のことも意外に多いです。また、マザーボードの不具合や電源スイッチが反応しないだけであったり、ファンがうまく起動せず、ハードディスクが熱を持ちすぎたために起動しない何て事が原因の可能性もあります。これらはパソコンを開けて調べる必要があるため、事前にある程度の内部構造を把握しておくと確認がスムーズに行えます。

重要なのはハードディスク

もちろんハードディスクが原因の可能性もあります。この場合はデータが失われていることも覚悟しなければなりませんが、望みは捨てず、別のパソコンにハードディスクをつなぐなどして調べてみましょう。この際に、ハードディスクの修理を請け負っている業者に依頼すると、個人で行うよりもデータの復旧に期待が持てます。ハードディスクさえ無事ならデータが失われることはありませんので、大事なデータが失われて落ち込むことのないように、普段から取り扱いには気を配るようにしたいですね。

パソコンの所有をしている人も多いでしょう。故障をしたときには専門業者に依頼をしてパソコンの修理をしてもらうようにしましょう。