風評被害対策のためには何故起きるのかメカニズムを知ることが大切!

一番多い理由は、悪気ではなく「思い込み」

風評被害が発生する理由として最も多いと考えられるのが、実は思い込みによるものです。例えば、とある県で大きな自然災害が発生したとします。ところが同県内のとある観光地は、全くその被害を受けていないにも関わらず、観光客が激減してしまうことがあります。これは、「災害が起きたからあの観光地に行くと危ないよね」という思い込みが影響した結果と考えられます。勿論、リスクを避けたいと思うのは誰しも当然の行為です。ところが、インターネット上のSNSなどで「危険そうじゃないか?」あるいは「危険に違いない!」と思い込んで発言してしまう人がいることで、より規模の大きな風評被害が発生してしまうのです。

「思い込み」にマイナスの感情が追加されると大変

また、人間は思い込みやすい生き物である上、思い込んだ結果が正しいと考えたくなる性質を持っています。前々からマイナスのイメージを抱いていた企業や団体に関連した報道があると、「ほら、前から言ってた通りろくでもない企業だったじゃないか!」と声高に叫んでしまう人は一定数いるものです。例え「いやいや、その考え方は間違いですよ」と誰かに諌められても、思い込んでしまった人はその間違いを認められないことが大半です。大変に残念ながらそれは人の心理であると認めて、どうやって被害を防ぐかが大切なことと言えます。

どんな風に対策をするべきなのか?

一概には言いづらいのですが、思い込んでしまった人に対する働きかけは、主に二通りあります。一つ目は、「その情報は間違いですので安心して利用してください」といった公式の情報を展開することです。情報がないから不安になってしまう人、善意だけの人はこういった冷静な対応を見かけることで「ああ大丈夫なんだ」と納得してくれるケースが多いと考えられます。二つ目は、「残念ながら諦める」という対応です。特にマイナスのイメージを抱いてしまった人は、残念ながらなかなか理解を示してくれません。お客様の声に耳を傾けないのか、と憤る方もいるかもしれませんが、全ての声に全力でこたえ、納得して貰うというのは、実際のところ困難と言えます。それよりも商品を買ってくれている、サービスを利用してくれている人を少しでも増やせるように、努力を積み重ねていく姿勢の方が、多くの人を理解を得られると言えます。

風評被害対策を業者に依頼すると、これまでインターネットのブログなどで書かれていたコメントも消したりする事も出来ます。