計画次第で大幅コストダウン!イーサネット機器の節約ポイント

ネットワークの規模に合わせたルーターの選択

社内LANを構築するためには、イーサネットの機器を調達する必要があります。それらの準備にはコストがかかるため、どのようなものを選ぶべきであるか知っておいた方がいいでしょう。イーサネットの構築で出費が伴うのが、ルーターです。ルーターは、ネットワークの情報のやりとりを管理する機器であり、必要不可欠な存在です。社内LANで構築するネットワークの規模に合わせて、適度な処理能力があるルーターを選ぶのが節約できる選択です。

手頃な価格に落ち着いているスイッチングハブ

イーサネットの通信ネットワークを構築する上で、ハブの調達もコストに含めておかなければなりません。ハブは、ケーブルを分岐させる際に用いるものです。イーサネットでの分岐ポイントが多いほど、ハブも必要な数を準備する必要があるでしょう。その中でもスイッチングハブが、使われているハブの中でも主流になっています。かつてはスイッチングハブは高価な機器ではあったものの、現代では買い求めやすい価格帯に落ち着いています。

信号の伝達経路となるLANケーブルのコスト削減

ネットワークを構成する上で忘れていけないのが、LANケーブルです。通信のための信号を伝達する媒体であり、ルーターやハブをつなぐ役割を果たします。ネットワークの物理的な大きさに比例して、LANケーブルの長さも必要です。そのため、できるだけ効率よくイーサネットのネットワークを構築できるよう、始めの設計段階でよくプランを練るのが、節約につながります。最短経路でLANケーブルを配置すれば、それだけケーブル調達のための出費は抑えられます。

イーサネットとは、世界中の家庭や会社で使用されているコンピューターに使用されているLANで最も多く使用されているコンピューターネットワークの規格のことを言います。